NEWS & EVENT

10/28(土)ついつい物が増えちゃう人は…こんな宝探しするクセ、持ってない!?

2017年10月28日

部屋をスッキリ綺麗にしておきたいと

思ってはいるんだけど…

ついつい増えちゃう物が多いんだよね〜

 

 

って人は

 

 

毎日、自分の足りないものばかりを

隅から隅まで探して見つけて

 

 

「足りないもの見つけた!!」

 

 

って宝探しみたいなことするクセ

もしかしてだけど、持ってない…!?

 

 

って

ちょっと自分を見つめてみてくださいね。

 

 

自分の足りないところ探しをするクセを持ってると

足りないと思っている物を

常に増やし続けないと不安で怖くて

 

 

「まだ足りない」

「まだまだ足りない」

「こんな私じゃ恥ずかしい」

「こんな自分は許せない」

 

 

みたいな感じに

物をどんどん増やそうとします。

 

 

物や事を増やしていくことで

足りない自分を補うための物や事や頑張りを

永遠に増やしていかなくてはならない…

と言うループにハマってしまいます。

 

 

これは辛いです。

気合い入れてやって居られるうちはいいけど

ずーっと何十年ってやってると

本当に疲れます。

 

 

と言うのも

何を隠そう

私自身、このクセをずっと持って生きてきてまして

(…って、今もまだ少し持ってるよー)(笑)

 

 

例えばそのころの私の場合

 

 

インテリアにあれが足りない

これももっとおしゃれに変えたい

季節ごとに同じは嫌だし

あれもこれも、買えたら理想の私になれるのに悲しい

 

 

とか

 

 

服と靴とバッグがもっとあったら

おしゃれな私になれるのに恥ずかしい

 

 

とかとか

 

 

メイクやネイルやヘアスタイル

もうちょっと何とかしたい

何を足したら素敵な私になるの!?

 

 

とかとかとか

 

 

もっと人の空気読んだり

子供の事しっかりやれる母だったら

あれをやってあげて、これも買ってあげて…

仕事もできて家事もきちんとやれて…

そのために足りないのは…

 

 

って

物もコトも能力もあれもこれも

 

 

「足りない」

「ぜんぜん足りない」

 

 

そこで頑張って増やしてみても

「まだまだ足りないものはない!?」

 

 

って

足りないものを探してモヤモヤ。

してた時が、ありました、ありました(汗)

 

 

じゃあ、買えば、やれば、スッキリするのかと言うと

 

 

お金も時間も自分の頑張りも

まだまだ足りないから理想どうりにならない悲しさ。

 

 

でもこれ

やっても、やっても

 

 

「足りてる」

と自分が自分に心から思えるまでは

永遠に終わらない宝探しなので

 

 

ここで思い切って

 

 

「足りてることに、してみよう!」

 

 

「足りている、という目で身の回りを見て見よう!」

 

 

って

物の味方を変えてみることを

 

毎日繰り返して

 

 

それをあなたの新しいクセにしてったら

 

 

物を増やすループから少しずつ

抜けられるように。

 

 

 

「私、足りてる」

「私、幸せ」

「ありがたーい!」

 

 

って宝探しを

今日から始めてみると楽しくなれるし

自分を少しずつ好きになって

自分を少しずつ、大丈夫と思えて

 

 

「理想と違うところもあるけれど、それも愛嬌」

「そうか、私にはちゃんと愛嬌がある!!」

 

 

なんて、ケロッとラク〜で楽しい気持ちになれるかも。

物が増えるスピードも少しずつ

緩やかに落ち着いてくるかもしれません。

 

 

「私、足りてる」

「私、幸せ」

「ありがたーい!」

 

 

を探しにいくときは

できるだけ自分に甘く優しく

ハードルを思いっきり下げて見つけにいってくださいね。

 

 

「完璧すぎないところが人を癒すのよね〜私素晴らしい」

「寒い冬でもあったかくして眠れるなんて、十分足りてるよね」

「子どもの望みを叶えてあげられなくたって、私は幸せだから家族もきっと幸せ」

 

 

なんて

すごく傲慢な感じがするかもしれないけど

思うだけなら誰にも迷惑かけないし

自分がオッケーなら、オッケーです(笑)

 

 

「私って、素直だし愛嬌あるし、頑張れなくてもよく生きてきた」

 

 

そうゆうのも、いいと思うなぁ。

 

 

自分の「足りない」を補うために手に入れたものに気づいたら

少しずつ、ちょっとずつ

そんな自分を責めずに

「もうそろそろ、終わりにしてもいいんじゃない?

って

優しく手放していっちゃいましょうね〜

 

あなたが居てくれるだけで幸せにゃ〜

って思ってた頃を思い出して(笑)!